見せてもらおうか、eGPUの性能とやらを 前編

注意事項

この記事では各メーカーの動作保証環境や推奨される環境ではないことを行なっています。

各メーカーは当然なのですが、ただこりさんもこの記事の内容を保証するものではありません。

使用する機材・環境

イカれたメンバーを紹介するぜ!

  1. iMac Late2012

    • Memory 16G
    • SSD 1T
    • MacOS 10.14.6 (Mojave)
    • ヤフオクで買ったVESAマウントな人。NICやスピーカーに難があるけど 分解してメモリやディスクを交換したりで手をかけているので その分かわいい。
  2. Macbook Air 2020

    • Memory 16G
    • SSD 500G
    • MacOS 10.15.7 (Catalina)
    • MacBookPro2012の後継として購入。なのだが、2012年とはいえMacBookProの代わりを務めるには 非力といえば非力。外で使うことを念頭に入れていることもあってあまり遊べない。 もっと言うとリモートワークでスペースを奪われたりで非常に不憫なマシン。 かわいさよりはきっちり仕事をこなすシャインゴールドなキレイ系
  3. Razer Core X

    • 詳細はこっちを見て欲しい
    • メーカーの言うことをガチ無視するオーナーに買われていったかわいそうな子
  4. Radeon RX 5500 XT

    • 1回開封してあるから安い。という触れ込みで売られていた辛い子。返品されたなw

Razer Core X ってどうよ

ただこりさん、正直razerのミドルウェア好きじゃないんだ。 でも、Core X はミドル配下ではないので超絶嬉しい!

  • Synapseってやつ。あれ。クラウドにコンフィグを保存していろんな 環境に落とすことができるってコンセプトは素敵だと思うけど、そいつがないとデフォルトでしか動けない ってのは本当に酷い仕様じゃないかな。本体にコンフィグは保存できる、(有償無償は問わず)クラウドでも保存可能。 というのが、ただこりさんが欲しい状況。

    • 言うほどデバイスの価格に反映されてないようだし。

Radeon RX 5500 XT って Core X で動作確認・保証されていないGPUだよね?

結論からいうと、ただこりさんが持っているカードは物理的にきちんとおさまってます。

一応動作もしています。何が保証できるわけでもありませんが、単なる一つの事例と受け止めてください。

mba2020 での結果

Geekbentchで比較してみました。

ノーマル

ノーマルでこの程度の速度を出しています。オンボードのGPUだし、まぁ多少はね。

eGPU

Razer Core X + Radeon RX 5500 XT でノーマルの約3倍叩き出しました。 恐らくこれがこの記事での最大値になると思います。

iMac2012 での経過報告

結論からいうとまだ未検証です。

iMac2012 さんは Thundarbolt 2 しか積んでいない機種です。 つまり、Razer Core X とは物理的に接続できません。 変換ケーブルを用いた接続は、OS的にeGPUを認識するかすら保証の限りではありません。

そして、現在Amazonさんにケーブルを発注しています。悔しいですが今回の記事に間に合わなかったので 次回更新でご報告となります。

今回の成果

  • Razer Core X で、Radeon RX 5500 XT が動作した。一つの事例になったであろう。
  • Razer Core X は、妙なミドルの影響下にはないのでアレが嫌いな人もニッコリ。 ただし、上位モデルの Razer Core X Chroma はライティングを制御する関係でアレを使ってるので注意
  • ノリで買い物すると足りないものが出てくるので注意しよう

シェアする